次回研究会のお知らせ

シンポジウム「子どもの本のいま―感動物語・貧困・家族」 日時:2019年12月1日(日)13:00〜18:00  会場:上智大学四谷キャンパス 10号館3階301号室  https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html 主催:イメージ&ジェンダー研究会、共催:上智大学比較文化研究所 ○概要 物語が自我や主体の形成に深く影響を及ぼす... 続きを読む

あいちトリエンナーレ2019における企画「表現の不自由展・その後」の中止に対する声明文

現在開催中の国際美術展あいちトリエンナーレ2019(名古屋市・豊田市)における企画「表現の不自由展・その後」の中止が、あいちトリエンナーレ実行委員会により発表されました。  同展に展示された《平和の碑》等に対し、一部政治家からの「撤去」を要請する抗議文や公的資金支出の見直し発言、そして脅迫や嫌がらせ行為が相次いだなかでの中止でした。これによって、意見の割れる歴史認識にかかわる作品を展示する、見て考える権利が奪われました。  私たちイメージ&ジェンダー研究会は、表象文化についての研究や批評... 続きを読む

次回研究会のお知らせ

◆日時 7月13日(土) ◆会場 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス     千代田区外神田1-18-13  秋葉原ダイビル12階    (末尾の交通アクセスをご参照ください。) ◆主催:イメージ&ジェンダー研究会 ◆スケジュール 全体会議 12:00~12:45 ※今回は新メーリングリスト、新ホームページ、新たな役割分担などに関する話し合いをしたいと思います。また発表者も引き続き募集します。どうぞ全体会議への参加をお願い申し上げます。 ... 続きを読む

次回研究会のお知らせ

イメージ&ジェンダー研究会、次回研究会のお知らせ ◆日時 7月29日(日) ◆会場 日本女子大学目白キャンパス    百年館低層棟(高層棟からつながる奥の建物です) 百103教室 (末尾の交通アクセス・キャンパスマップのリンクおよび教室配置図をご参照ください) ◆主催:イメージ&ジェンダー研究会、共催:日本女子大学人間社会学部文化学科 ◆スケジュール 全体会議 12:30~13:10 研究発表、活動報告 13:30~17:30 発表者① 味岡京子(お茶の水女子大学基幹研究院研究員) コメンテータ:吉良... 続きを読む

当会からのお知らせメールが届かないという方へ

メーリングリストに登録しているにもかかわらず、お知らせのメールが届かないというご連絡をいくつかいただいています。その場合、迷惑メール用のフォルダに振り分けられているなどの理由が考えられます。 今一度ご確認いただいた上で、届いていないという場合は、 imagegender@yahoo.co.jp までご連絡ください。 ... 続きを読む

次回研究会のお知らせ

  イメージ&ジェンダー研究会 例会のお知らせ  2017年度の第2回目の例会を、以下のとおり開催いたします。 今回は「写真とジェンダー」という統一テーマをたて、ドイツからのゲストを迎えての研究会となります。 また、運営会議では会員の方からひろく研究発表の企画を募っています。アイディアをお持ちの方や、視覚表象とジェンダーのテーマにご関心のある方は、運営会議のほうにもぜひご参加ください。 **************** 日時:11月12日(日) 会場:お茶の水女子大学 理学部3号館7... 続きを読む

次回研究会のお知らせ

日時:6月10日(土曜日) 会場:上智大学(四ツ谷キャンパス)、10号館3階、301号教室 ■運営会議:12:00~12:45 *設営・準備 ■研究会: 13:00~17:30 研究報告 (1)中嶋 泉(首都大学東京教員) 1950年代に女が描くこと―フェミニズム美術史の視座から コメンテーター 小勝 禮子 (近現代美術研究、元栃木県立美術館学芸員) (2)高橋律子 (金沢21世紀美術館学芸員) 現代美術における「縫う」という行為をめぐって―金沢21世紀美... 続きを読む

次回研究会のお知らせ

イメージ&ジェンダー研究会 2016年9月研究会 主催:イメージ&ジェンダー研究会、共催:科学研究費助成事業(学術研究助成基金)基盤研究(C)「近現代日本における人 形の創作およびその受容に関する研究」(課題番号16K02058)(研究代表者:吉良智子) ミニ・シンポジウム 「孕む身体表象―その身体は誰のものなのか?」 日時:2016年9月17日(土)13:00~18:00 会場:武蔵大学8号館 8501教室 概要: 2016年春、東京芸術大学の修了作品展に出品された菅実花氏による一連... 続きを読む